【2024年版】生成AI記事作成おすすめツール5選!SEOへの影響やメリット・デメリットを解説!

アートブレインズ

近年、生成AI(ジェネレーティブAI)は急速に進化し、多くの分野で注目を集めています。

本記事では、生成AIの基礎知識や種類、具体的な活用方法について解説します。また、SEOとの関係性に注目し、生成AIを利用した記事作成のメリットとデメリットについてもお伝えします。

Contents
  1. 生成AI(ジェネレーティブAI)とは?
  2. 生成AIの種類と活用シーン
  3. 生成AIの活用方法
  4. SEOと生成AIの関係性「SGEとは?」
  5. 生成AIを活用した記事作成のメリット
  6. 生成AIを活用した記事作成のデメリット
  7. 記事作成に生成AIを活用する!
  8. 生成AIを活用した記事作成ツールの選び方
  9. おすすめの生成AI記事作成ツール5選
  10. 生成AIを活用した記事作成ツールのまとめ

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?

生成AIとは、学習済みのデータを基に新しいコンテンツを生成する人工知能の技術を指します。特に自然言語処理の分野では、GPT-4のような高度なモデルが登場し、人間とほとんど区別がつかない文章を作成する能力を持っています。

生成AIは、文章だけでなく、画像、音楽、動画、プログラムのコードなど、さまざまなクリエイティブな成果物を生み出すことができます。これらの成果物は、AIが自ら答えを探して学習するディープラーニング(深層学習)を用いて生成されてます。生成AIは比較的新しい技術であり、その応用範囲は広がり続けています。

よく使用されている生成AIツールには、テキスト生成AIの「ChatGPT」や画像生成AIの「DALL-E」が挙げられます。これらの生成AIは、ビジネスシーンや日常生活においても広く活用されています。

生成AIが注目される背景

生成AIが注目される背景には、技術の進化と市場のニーズがあります。

まず、AI技術の進歩により、以前よりも精度が高く、用途が広がったことが大きな要因です。また、デジタルコンテンツの需要が急増している現代において、迅速に高品質なコンテンツを提供することが可能です。

企業のマーケティングや広告分野では、生成AIの導入が競争力の向上に繋がるでしょう。

生成AIが注目されるもう一つの理由は、クリエイティブな成果物の作成が可能になった点です。従来のAIはデータの分析や予測に重点を置いていましたが、生成AIは新しいアイデアやコンテンツを生み出すことができます。

これは「0から1を生み出す」能力を持つ点で、企業だけでなく一般ユーザーにも大きな影響をを与えています。

さらに、生成AIが身近な存在となったことも注目を集める要因です。

例えば、ChatGPTやDALL-Eのような生成AIは、誰でも簡単に利用できる無料サービスとして提供され、多くのユーザーに親しまれています。特に、OpenAIのChatGPTは短期間で1億人以上のユーザーを獲得し、急速に成長する消費者向けアプリとして話題となっています。

生成AIはその技術的進化と幅広い用途、そして手軽に利用できる点から、今後もますます重要な役割を果たしていくと考えられています。

企業や個人が生成AIを活用することで、クリエイティブな作業の効率化や高品質なコンテンツの迅速な提供が可能となり、競争力の強化や新たなビジネスチャンスの創出につながるでしょう。

生成AIの仕組みや特徴

生成AIの基本的な仕組みは、大量のデータセットを使用してモデルをトレーニングし、パターンを学習させることにあります。AIは新しいデータやコンテキストに対しても適切な出力を生成することができます。

生成AIは、与えられたプロンプト(指示)を解析し、入力されたデータを分析して特徴を学習し、それをもとに新たなコンテンツを生み出す仕組みです。

このデータ分析と特徴抽出の技術は「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれます。ディープラーニングは、AIが大量のデータからパターンを学習し、自ら学習を重ねて複雑な回答を導き出せるのが特徴です。

生成AIの発展には、大量の学習データが必要です。これにより、AIは「0から1を生み出す」能力を持つことができ、高度なコンテンツを作成できるようになります。

従来のAI・機械学習は主に「教師あり学習」を用いており、人間が明確な回答を提供し、AIはその回答を記憶・知識化して予測を行っていました。しかし、ディープラーニングを活用することで、AIは自ら学習し、オリジナルのコンテンツを生成することが可能となりました。

このようにして誕生した生成AIは、大量のデータから自動的に特徴を抽出し、適切な回答やコンテンツを生成します。その迅速な対応能力、スケーラビリティ、高いカスタマイズ性により、生成AIはさまざまな分野で活用され、注目を集めています。

生成AIと従来のAI(人工知能)の違い

「従来のAI」と「生成AI」の決定的な違いは、AI自身が新しいコンテンツを生成できるか否かにあります。

従来のAIは、人間が与えた大量の学習データを基に結果を予測したり、決められた行動を自動的に実行することが主な役割でした。

一方、生成AIはディープラーニング(深層学習)を活用し、自ら学習を重ねて新たなオリジナルコンテンツを生み出すことができます。これは、生成AIが既存のデータだけでなく、人間が提供していない情報やデータを基に新しいアウトプットを生成する能力を持つことを意味します。

生成AIの一般的な利用法として、文章、画像、音楽などの生成が挙げられます。一方、識別系AIは学習したデータを基に、新たなデータがどのカテゴリに属するかを判別・分類する技術で、例えば画像内の物体認識などに使用されます。

このように、生成AIは新しい情報を「生成」し、識別系AIは既存の情報を「識別」するという違いがあります。

従来のAIが「学習済みのデータの中から適切な回答を探して提示する」性質を持っていたのに対し、生成AIは「0から1を生み出す」性質が特徴的です。

生成AIは自ら学習を続け、人間が提供していない情報やデータさえもインプットし、新たなアウトプットを人間に提供します。この性質により、生成AIは従来人間にしかできなかった「アイデア創出」さえも自動化することが可能となり、ビジネスシーンでも多くの企業や組織が日々の業務に取り入れています。

生成AIの登場により、創造性の高い作業も自動化できるようになり、その応用範囲はますます広がっていくでしょう。

生成AIの種類と活用シーン

生成AIは、さまざまな形式のデータを生成するための技術であり、用途に応じていくつかの種類があります。それぞれの生成AIは特定のタスクに特化しており、様々な分野で活用されています。

ここでは主要な生成AIの種類をご紹介します。

テキスト生成AI

テキスト生成AIは、与えられたプロンプトに基づいて文章を生成する技術です。OpenAIの「ChatGPT」やGoogleの「Bard」などがこのカテゴリに含まれます。

この生成AIは、長文の要約やキャッチコピーの生成、プログラミングコードの作成など、多岐にわたるタスクを自動化します。企業では、コンテンツマーケティングやブログ記事の作成、カスタマーサービスにおける自動応答などで活用されています。

画像生成AI

画像生成AIは、テキストによる指示(プロンプト)を基に新しい画像を生成する技術です。このAIは、デザイン業界や広告分野など、クリエイティブな作業に広く利用されています。

代表的なサービスには「Stable Diffusion」や「DALL·E」、「Midjourney」などがあります。これらのツールを使用することで、ユーザーは簡単にオリジナルの画像を生成し、業務の効率化や新たなアイデアの創出に役立てることができます。

動画生成AI

動画生成AIは、テキスト指示に基づいて短い動画を生成する技術です。現時点では数秒程度の動画生成が主ですが、技術の進歩により将来的には長尺の動画生成も可能になると期待されています。

代表的なサービスには、Runway社の「Gen-2」やMeta社の「Make-a-Video」などがあります。これらのツールは、プロモーションビデオの作成やマーケティングキャンペーンにおいて利用されることが多いです。

音声生成AI

音声生成AIは、テキストや既存の音声データを基に新しい音声を生成する技術です。このAIは、カスタマーサービスの自動応答システムや音声アシスタント、ナレーションの自動生成などに利用されています。

音声生成AIを活用することで、特定の声質を持つ音声を生成したり、任意のテキストを自然な音声で読み上げることができます。

生成AIの活用方法

生成AIは、その高度なデータ処理能力と柔軟性により、さまざまな分野での業務効率化や新しい価値創造に役立っています。ここでは具体的な活用方法を紹介します。

コンテンツマーケティング

生成AIを利用することで、ブログ記事、ソーシャルメディア投稿、ニュースレターなどのコンテンツを迅速かつ効率的に作成することができます。これにより、企業はターゲットオーディエンスに合わせた魅力的なコンテンツを短時間で提供し、マーケティング戦略を強化できます。

例えば、生成AIを活用して製品のレビュー記事や専門知識を要約したコンテンツを自動生成することで、コンテンツの品質と量を大幅に向上させることができるでしょう。

広告制作

生成AIは、クリエイティブな広告コピーやビジュアルコンテンツを生成する能力を持ち、広告キャンペーンの効果を高めます。

画像生成AIを使用することで、視覚的に魅力的な広告を迅速に作成し、多様なA/Bテストを実施することが可能です。これは広告効果の最大化とコスト削減を実現してくれます。

カスタマーサービス(顧客対応)

音声生成AIを活用して、24時間対応のカスタマーサポートを提供することができます。例えば、カスタマーサポートの自動応答システムを導入することで、顧客からの問い合わせに迅速に対応し、業務の効率化と顧客満足度の向上を図ることができます。

生成AIを搭載したチャットボットは、顧客の質問に対して即座に適切な回答を提供し、顧客体験を向上させてくれるでしょう。

資料作成

生成AIは、報告書やプレゼンテーションなどの資料作成業務を効率化します。指定されたテーマに基づいて内容を生成することで、一貫性のある品質を保ちながら、迅速に多くの資料を提供できます。

資料作成にかかる時間と労力を大幅に削減できるため、他の重要な業務に集中することが可能になります。

市場調査・分析

生成AIを利用することで、市場調査や競合分析を迅速かつ精度高く行うことができます。大量のデータを収集・分析し、関連性の高い情報をまとめる能力があるため、トレンドや競合他社の戦略を理解するのに役立ちます。

迅速かつ正確な意思決定を行い、市場での競争力を強化することができるでしょう。

会議への活用

生成AIは会議業務の効率化にも役立ちます。リアルタイムでの音声認識を活用して会議の議事録を自動作成することができ、会議後の業務効率を大幅に向上させます。

また、会議の内容を精密に記録することで、チーム内の認識の齟齬をなくし、迅速な意思決定に役立てることができます。

マーケティング

生成AIは、企業が蓄積するデータから顧客の行動や嗜好を予測し、それぞれに適した提案を行うことで、マーケティング業務を効率化します。

パーソナライズされたコンテンツやプロモーションを提供することで、顧客満足度の向上を期待できます。また、予測分析機能を活用して顧客の未来の行動を予見し、より効果的なマーケティング戦略を立案することも可能です。

SEOと生成AIの関係性「SGEとは?」

生成AI(ジェネレーティブAI)は、SEO(検索エンジン最適化)の分野においても重要な役割を果たしています。生成AIを活用することで、効率的に高品質なコンテンツを作成し、検索エンジンでのランキングを向上させることが可能です。

そこで、生成AIとSEOの関係性について詳しく説明します。

生成AIでも「E-E-A-T」の要件を満たすことがポイント

生成AIで記事作成を行う場合もGoogleの品質評価ガイドラインに準拠しなければなりません。ここでは、E-E-A-T(Experience、Expertise、Authoritativeness、Trustworthiness)の要件を満たすコンテンツを作成することが求められます。

質の高いコンテンツは、ユーザーにとって有益であり、専門知識や信頼性を示すものです。生成AIを使用してコンテンツの量を増やすことができても、その質を高く保つことが必要になるでしょう。

Experience(経験)

実体験に基づく情報を生成AIが取り込むことで、より信頼性の高いコンテンツを提供できます。

Expertise(専門性)

特定の分野に特化した深い知識を持つコンテンツを生成し、専門性を高めます。

Authoritativeness(権威性)

権威のある情報源からのデータを基にしたコンテンツを生成することで、権威性を強化します。

Trustworthiness(信頼性)

信頼性のあるデータを活用し、透明性の高いコンテンツを提供することで、ユーザーの信頼を得ることができます。

SGE(Search Generative Experience)の影響

SGEとは、生成AIを活用して検索結果を高度に最適化する技術です。ユーザーの検索意図を理解し、関連性の高いコンテンツを自動生成・表示します。

GoogleはSGE(Search Generative Experience)を導入し、検索結果に生成AIを活用したコンテンツを表示する試験運用を開始しました。SGEは、ユーザーの検索意図に基づいて生成されたコンテンツを表示するため、検索結果の質を向上させる役割を持ちます。

生成AIを活用してSEOに最適化されたコンテンツを提供し、SGEに表示されることを目指すことで、検索エンジンからの流入を増やすことができるでしょう。

一方でSGEの導入により、ゼロクリックサーチが増加する可能性があります。これは、ユーザーが検索結果ページだけで情報を得てしまい、Webサイトに訪問しない現象です。

生成AIを活用して、検索エンジンからの直接流入が減少した場合でも、他のタッチポイントでユーザーと接点を持つ戦略が重要です。

SEOに生成AIを活用するリスクと注意点

生成AIをSEOに活用する際は、生成AIによって作成されたコンテンツの正確性を確保することが必要です。

生成AIは膨大なデータを基にコンテンツを生成しますが、そのデータが必ずしも正確であるとは限りません。そのため、生成されたコンテンツは必ず人間がチェックし、誤情報や事実無根の記述がないか確認しましょう。

また、生成AIによって作成されたコンテンツがコピーコンテンツと認識されるリスクにも注意が必要です。類似したプロンプトから生成されたコンテンツは、他のコンテンツと非常に似通ったものになる可能性があります。

これを避けるためには、オリジナルのプロンプトを作成し、人間によるクリエイティブなライティング力を併用することが重要です。

生成AIを活用した記事作成のメリット

生成AIを活用した記事作成には、多くのメリットがあります。これらのメリットを理解し、効果的に取り入れることで、作業の効率化や生産性の向上、コスト削減などを実現することができます。

生成AIによる記事作成の5つのメリットを紹介します。

作業の効率化と生産性の向上

生成AIは、短時間で大量のコンテンツを生成するため、通常数時間かかる記事作成を数分で完了することができます。また、情報収集や文章の構成に悩む時間を大幅に削減できるため、作業の効率化と生産性の向上にも役立ちます。担当者が1日で作成できる記事数を大幅に増やすことが可能です。

コストの削減

生成AIを活用することで、文字起こしや情報収集にかかるコストを抑えることができます。また、労働生産性が向上するため、人件費の削減にもつながります。

さらに、外部ライターへの依頼が不要になるため、委託費用も削減できます。結果として、コンテンツ制作にかかる総コストを大幅に削減することが可能です。

ヒューマンエラーの回避

生成AIは、文章の校正や校閲も同時に行うことができるため、ヒューマンエラーを回避することができます。これにより、誤字脱字や情報の誤りを減らし、品質の高いコンテンツを提供することができます。

また、生成AIが作成する文章は客観的であり、偏りや主観が入りにくいため、信頼性の高いコンテンツを提供することができるでしょう。

アイデア出しとクリエイティブな提案

生成AIは、既存の情報を基に新たなアイデアやクリエイティブな提案を行うことができます。例えば、記事の見出しやキャッチコピーのアイデア出しに活用することができます。

これにより、執筆者は自身の頭にない新しい視点や表現方法を見つけることができ、より魅力的なコンテンツを作成することが可能です。

一定の品質を担保

生成AIを活用することで、ライターごとのスキルの差を補い、一定の品質を担保することができます。

これにより、複数のライターが関与するプロジェクトでも、トーンやスタイルの一貫性を保つことができます。さらに、専門知識や経験に基づいた信頼性の高いコンテンツを提供することができます。

生成AIを活用した記事作成のデメリット

生成AIによる記事作成は多くのメリットがありますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。

生成AIを活用した記事作成の6つのデメリットを紹介します。

不正確な情報やコピーコンテンツのリスク

生成AIはインターネット上の大量のデータを基にコンテンツを生成するため、不正確な情報や事実と異なる内容が含まれるリスクがあります。また、他のサイトからのコピーコンテンツが含まれる場合もあり、これがSEO評価の低下や法的問題を引き起こす可能性があります。

そのため、生成されたコンテンツは必ず人間がチェックし、事実確認を行う必要があります。

オリジナリティの欠如

生成AIはデータに基づいて文章を生成するため、人間ならではのオリジナリティや実体験を含めることが難しいです。ただ指示するだけでは、GoogleのSEO評価基準であるE-E-A-T(Experience、Expertise、Authoritativeness、Trustworthiness)の「Experience(実体験)」を満たすコンテンツが作成しにくいこともデメリットです。

実体験や感情を盛り込んだ文章は、読者の共感を呼び、コンバージョンにつながりやすいため、これが欠けることは大きなマイナスとなります。

最新情報の反映が難しい

生成AIは既存のデータを基にコンテンツを生成するため、最新のニュースや情報を反映することが難しい場合があります。

特に最新の出来事やトレンドを取り上げる必要がある場合、生成AIではなく人間が記事を作成する方が適しています。

著作権侵害のリスク

生成AIが生成するコンテンツには、著作権で保護された情報が含まれる可能性があります。これをそのまま公開すると著作権法に違反するリスクがあります。

生成されたコンテンツは、法務部などで確認することをルールとして定めるなど、著作権侵害を避けるための対策が必要です。

情報漏洩のリスク

生成AIを使用する際、特に無料版のツールを利用する場合、プロンプトに含まれる情報が他人への回答に使用されるリスクがあります。

機密情報や企業データを扱う際には、セキュリティ強度の高い生成AIツールを導入することが重要です。

ヒューマンタッチの欠如

生成AIが生成する文章は、時に冷たく機械的な印象を与えることがあります。

人間が書くことで生まれる暖かみや親近感が欠けることは、特に感情に訴えかける必要があるコンテンツにとっては大きなデメリットです。

記事作成に生成AIを活用する!

生成AIによる記事作成は、効率的に高品質なコンテンツを生成するための重要な役割を持ちます。生成AIの技術が進歩することで、より多様で高度な記事作成が可能となり、企業や個人に多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。

しかし、自動生成された文章には誤情報やコピーコンテンツのリスクが伴うため、必ず人間のチェックと編集を経ることが重要です。AIを効果的に活用しつつ、最終的な品質管理を人間の手で行うことで、信頼性の高いコンテンツを提供することができます。

将来的には、AIが人間のクリエイティブなプロセスをサポートし、共創する形でのコンテンツ作成が主流になると考えられます。AIがユーザーの嗜好やニーズを理解し、それに応じたパーソナライズドコンテンツを提供してくれるでしょう。

生成AIを活用した記事作成ツールの選び方

生成AIを活用した記事作成ツールの選び方について、7つのポイントを紹介します。

必要な機能の有無

生成AIを活用した記事作成ツールには、文章作成をはじめ、リライトやSEO診断、キーワード調査やファクトチェック、アイキャッチ画像の作成やチームでの共同作業など、さまざまな機能があります。

選ぶ記事作成ツールによって利用できる機能が異なるため、必要な機能が搭載されているかに注目しましょう。

ブログ記事が専門であるのならブログに特化したAI記事制作ツールを、ビジネスに利用したいのであればSEOに特化したAI記事作成ツールを、など目的に合わせて選んでみるのも良いかもしれません。

予算の整合性

生成AIを活用した記事作成ツールは種類も多く、料金もさまざまです。当然、料金によって利用できる機能も異なります。

安ければ安いほど利用できる機能は少なくなりますが、それでも十分という場合は契約して損はないでしょう。

長期間利用し続ける場合を想定したうえで、予算に合わせて選びましょう。

日本語対応の有無

生成AIを活用した記事作成ツールは、海外から提供されているものも多く、中には日本語に対応していないツールもあります。

言葉が分かれば問題ないですが、理解できない言語だとストレスがかかり、作業を進めることが困難になります。

そのため、日本語に対応しているかどうかも確認しましょう。わからない場合は、日本製のAI記事作成ツールを選ぶと良いでしょう。

生成可能な文字数

生成AIを活用した記事作成ツールによっては、生成される文字数に制限が加えられている場合があります。

生成できる1回の文字数が少ないと、何度も生成を繰り返す必要があり、手間と時間がかかります。目安として、SEOで重要となるメタディスクリプションや導入文を含め、5,000字以上の文章生成ができれば、コンテンツ作成の効率アップが見込めるでしょう。

どの程度の文字数であれば一括で記事生成ができるのか、事前に確認しておくと効率よく作業を進められます。

記事保存機能の有無

AIから生成された記事を保存するには、その場でコピーするという方法もありますが、自動で記事の履歴が残る機能があれば、自ら保存する手間が省けて便利です。

記事保存機能があれば、移動中でもスマホで記事を書き溜めておくことができます。またリライトした場合には、元の文章をどう変えたかなど、時間が経っても確認することができます。

変更履歴を後から見直すことができれば、自分のライティング力を上げるための勉強にも役立つので、保存機能の有無もチェックしておきましょう。

事前学習対応の有無

生成AIを活用した記事作成ツールは、提供されたプロンプトに基づいて学習したうえで、テキストを生成します。

過去の記事情報や業界の専門用語などの学習データを一括で読み込ませたうえで、コンテンツを生成する機能が備えられていれば、より便利に活用できます。

共同編集機能の有無

チームを組んでライティング業務を行っている場合、生成AIを活用した記事作成ツールに共同編集機能があれば、効率的に業務を進められます。

たとえば、誰がどの編集をしたのかなどWeb上でチェックができれば、対象者に逐一確認をする手間が省けます。

さらにライター管理機能が搭載されていれば、ライターごとに執筆や編集のアクセス権限を付与できるほか、それぞれの担当記事を一覧で確認し、作業内容や進捗を簡単に把握することができます。

おすすめの生成AI記事作成ツール5選

生成AIを活用した記事作成ツールのおすすめを5つ紹介します。

おすすめ生成AI記事作成ツール①:AI Writer

AI Writerは、プロフェッショナル向けに開発された、AI技術ベースのAI記事作成ツールです。

最先端の大規模言語モデルを搭載し、高品質な記事を従来の半分の制作時間で作成することができます。また自然な対話能力と高度な知識で、文章生成や質問応答、分析など幅広いタスクをこなします。

競合他社のWebサイトとキーワードを分析し、検索ボリュームや上位表示の難易度を示すことも可能なため、SEO対策に効果的なコンテンツの作成も可能です。

実績も多く、幅広いジャンルに対応している

プランベーシックスタンダードプロプラン
料金(税込)/月1,900円4,900円9,800円
アカウント数113
作成可能記事数5記事20記事60記事
無料トライアルありありあり
AI Writerの料金プラン

おすすめ生成AI記事作成ツール②:SAKUBUN

SAKUBUNは、ブログ記事やSNSの投稿文、広告文などさまざまなシーンで利用できるSEO記事に強いAI記事作成ツールです。

見出し構成から記事作成までを5分で仕上げるなど迅速な文章生成が可能です。また各生成ツールでペルソナやトーンの指定ができ、ターゲットに合わせた効果的な文章の作成も可能です。

チームでの作業もできるので、リスクを減らしながら業務を効率的に進められます。

潜在的なニーズをあらかじめ想定してから記事を作成することで、読者にとって価値のある魅力的なコンテンツを提供することができるでしょう。

プランStandardProEntarprise
料金(税抜)※1ワークスペース/月9,800円29,800円無料相談
GPT-3.5の利用無制限無制限無制限
GPT-4の利用毎月10万文字毎月30万文字毎月100万文字
ユーザー数3名まで10名まで20名まで
サポート
独自生成ツール作成
競合調査モード30記事分100記事分無制限
WordPress連携
Google検索連携  (開発中)
SAKUBUNの料金プラン

おすすめ生成AI記事作成ツール③:Value AI Writer

Value AI Writerは、ユーザーが設定したキーワードに基づいて、AI(ChatGPT)が自動で文章を生成してくれるAI記事作成ツールです。

関連性の高い魅力的なタイトルと見出しを生成してくれるので、SEOに最適な構成作成が容易になり、メディアに合わせた記事制作が可能です。

また、WordPressと直接連携する機能が備えられているため、生成された記事をスムーズにWordPressへ入稿することができ、作業プロセスの効率化を実現します。

さらに一括記事作成機能を利用すれば、指定したキーワードに基づいて複数の記事を一括で生成することができ、時間の短縮にも繋げることができます。

プランの選択肢も多いので、予算に合わせてベストなプランを見つけられるでしょう。

プランエントリーベーシックプロエキスパート
料金(税込)/月1,650円
※無料お試し5日間
2,970円
※無料お試し5日間
10,780円
※無料お試し5日間
43,780円
※無料お試し5日間
GPT-3.5GPT-4見出し:GPT-4
本文:GPT-3.5
見出し:GPT-4
本文:GPT-3.5/GPT-4を選択可能
見出し:GPT-4
本文:GPT-3.5/GPT-4を選択可能
見出し:GPT-4
本文:GPT-3.5/GPT-4を選択可能
作成可能記事数/月5記事11記事50記事300記事
文字数制限12.5万文字27万文字
(GPT-4oを使用する場合、1文字あたり10文字でカウント)
150万文字
(GPT-4oを使用する場合、1文字あたり10文字でカウント)
1000万文字
(GPT-4oを使用する場合、1文字あたり10文字でカウント)
参考にする見出し・キーワードからAIで構築
・検索エンジン結果を参考にAIで構築
・キーワードからAIで構築
・検索エンジン結果を参考にAIで構築
・キーワードからAIで構築
・検索エンジン結果を参考にAIで構築
・キーワードからAIで構築
・検索エンジン結果を参考にAIで構築
・検索エンジン結果から選択して AIで構築
Value AI Writerの料金プラン

おすすめ生成AI記事作成ツール④:EmmaTools

EmmaToolsは、コンテンツの品質を独自のアルゴリズムに基づいて分析し、上位表示されやすい高品質なSEO記事の作成を支援してくれるAI記事作成ツールです。

テーマの網羅性やキーワード比率、文字量など多角的に分析を行った後、コンテンツのSEO品質をスコアリングするので、誰でもSEOに強いコンテンツを作成することできます。

また、外部ライター管理機能があり、外部ライターの一括管理が可能です。記事制作を委託されているライターも同様にツールの利用ができるため、管理が容易になります。

コピー率チェック機能を使えば、著作権侵害やコピーコンテンツのリスクを低減させることにも役立ちます。

2週間の無料トライアルも設けられているので、お試し利用もおすすめです。

プランfor Personalfor Parsonal+
料金(税込)/月2,728円7,678円
ユーザー数1名1名
プロジェクト数/月5個20個
スコアチェック無制限無制限
関連キーワード表示20個50個
コピー率チェック月に5回無制限
AIライティング1回1回
EmmaToolsの料金プラン

おすすめ生成AI記事作成ツール⑤:BLOGAI

BLOGAIは、現役ブロガーが開発した、実践で使用できるAI記事作成ツールです。

「大量の記事を短時間で生成する」「高品質な文章を生成する」「多機能」「低価格」
という特徴があり、誰でも簡単に操作できます。

最新のGPT-4 Turboを使って複数パターンの記事を作成し、作成された文章の中から最良の文章を選択可能です。またSEOに特化した機能も備わっているので、適切なキーワードの配置から見出しタグの最適化など、誰でも簡単にSEO記事を作成することができます。

ブログ特化型のAI記事作成ツールなので、ブログを運営している人やこれからブログを始めようと思っている人にもピッタリです。

フリープランを選択すれば無料で利用可能です。

プランフリープランスタンダードプランプレミアムプラン
料金(税込)/月0円2,480円6,480円
文章作成内容・目次作成
・本文作成
・セールスライティング
・リライト
・SEO診断





※通常モード:無制限
・目次作成
・本文作成
・セールスライティング
・リライト
・SEO診断
・ファクトチェック
・キーワード調査
・トピッククラスター生成
・カニバリ調査

※通常モード:無制限
※PROモード:30回/月
・目次作成
・本文作成
・セールスライティング
・リライト
・SEO診断
・ファクトチェック
・キーワード調査
・トピッククラスター生成
・カニバリ調査

※通常モード:無制限
※PROモード:100回/月
記事一括作成なし通常記事:10記事/月
PRO記事:4記事/月
通常記事:30記事/月
PRO記事:15記事/月
BLOGAIの料金プラン

迷ったら「無料トライアル」でお試し

「どのAI記事作成ツールが自分に合っているか分からない」「AI記事作成ツール選びで失敗したくない」と思う場合は、各ツールの無料トライアルを申し込みましょう。

AI記事作成ツールの中には、契約前の無料トライアルを実施しているものもあります。ツールによってトライアル期間は異なりますが、自分に合っているかどうか、利用しやすいかなどを実際に確かめることができます。

ただし、トライアル期間が過ぎると通常プランへと自動的に変更され、料金が発生するため注意が必要です。トライアル期間中の解約であれば、料金が発生することはありません。

生成AIを活用した記事作成ツールのまとめ

生成AIによる記事作成ツールは、効率的に高品質なコンテンツを生成し、企業や個人に多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。たとえばブログやSNSの投稿文、広告文やアイデア出しなど様々なシーンで利用でき、ビジネスの幅を広げてくれます。AIやSEOなどに詳しくない場合でも、簡単に高品質な記事を作成できるのもメリットです。

自動生成された文章には誤情報やコピーコンテンツのリスクが伴うため、必ず人間のチェックと編集を経ることが必須ですが、大量の記事を効率的に生み出すことができるため、利用しない手はありません。

この記事を参考に、生成AIを活用した記事作成ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
株式会社アートブレインズ
株式会社アートブレインズ
YouTube動画で販売促進を!アートブレインズはカケアイを大切に企業チャンネルの運用をご支援いたします。公式LINEで企業チャンネルにおける運用ポイントを配布中。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました