動画編集スクール

【2024年最新版】動画編集スクール人気おすすめ比較ランキング|料金・講座内容・期間を解説

アートブレインズ

「動画編集スキルを学びたいけれど、どのスクールを選べばいいのか分からない」と悩んでいませんか。

近年、動画編集スキルを学びたいというニーズが増加し、多くのスクールがあります。そこで、おすすめの動画編集スクール6社の比較し、あなたにぴったりなスクールをご紹介します。

Contents
  1. 動画編集スクールが人気の理由
  2. おすすめの動画編集スクール7社を比較!ランキング形式で紹介
  3. 【リスキリング費用負担or割引あり】おすすめの動画編集スクール4選
  4. 【案件獲得のサポート&保証あり!】おすすめの動画編集スクール3選
  5. 【10万円以下】おすすめの動画編集スクール3選
  6. 【返金保証制度あり!】おすすめの動画編集スクール3選
  7. 【ポートフォリオ作成のサポートあり!】おすすめの動画編集スクール3選
  8. 動画編集スクールのメリットとデメリット
  9. 動画編集スクールの選び方
  10. 動画編集スクール卒業後のキャリア事例
  11. FAQ
  12. まとめ

動画編集スクールが人気の理由

動画編集スキルを身に付けていれば、自身のキャリアや収入に良い影響を与えてくれるでしょう。

企業から求められる人材となり、個人でも副業やフリーランスとして働く選択肢も広がります。

そこで、動画配信市場の規模や動画編集スキルの需要・将来性について、分かりやすくお伝えしていきます。

動画配信市場の規模は「5,670億円」まで成長予想

ここ数年で、YouTubeやTikTok、Netflix、TVerなど、いくつもの新しい動画配信プラットフォームが世の中に出てきました。

参照:『動画配信市場調査レポート2023』

そして、動画配信市場は年々増加しており、一般財団法人デジタルコンテンツ協会の「動画配信市場調査レポート2023」によると、2022年は4,530億円で前年比107%と報告されました。

動画配信は今後も伸び続け、2027年の市場規模は5,670億円まで成長すると予想されています。

このように動画配信市場の規模は上昇傾向にあるため、動画編集スキルを持つ人材の需要はますます重要視されることが分かります。

動画編集スキルの重要性とは?

動画編集スキルの重要性は、単なる動画配信の市場規模が増加していることだけではなく、動画編集者の競争激化も影響しています。

動画配信市場の規模が増加していることからも、動画はユーザーとのコミュニケーションの接点になることが考えられます。

また、今後も配信される動画の数は、動画配信市場の規模と比例して増えていくでしょう。

その中で差別化をしなければならない場合、高い動画編集スキルが求められます

動画編集スキルは、視聴者の興味を引きつけ、メッセージを効果的に伝えるために重要です。

具体的には、適切なカットやトランジション、音楽の選定など、編集の技術が高まることで、クオリティの高い動画コンテンツを制作が可能になります。

これにより、動画コンテンツの競争が激しい現代において、注目を集めるために動画編集スキルの重要性が高くなるでしょう。

動画編集スキルは将来どうなる?

これから動画編集スキルはどのような役割を果たしていくのでしょうか。

昨今、注目されているテクノロジーの一つに「生成AI(Generative AI)」があります。

生成AIとは、自動的に画像や動画を生成する技術で、AIがシナリオに基づいて自動的に動画を作成してくれます。

これは、動画の制作時間の短縮や労力を軽減でき、大幅に動画制作の効率を向上されます。

しかし、生成AIの登場で動画編集スキルは役に立たなくなるのではないか?と疑問に感じる方がいるかと思います。

生成AIによって、動画編集スキルが役に立たなくなることはないでしょう。

その理由は、生成AIはあくまで人間をサポートするツールにでしかないためです。

人間が持つ創造性や感性は、生成AIに真似することはできません。

人間の動画編集スキルは、創造性やストーリーテリング能力、感性など、人間ならではの資質によって魅力があります。

これに対して生成AIは、大量のデータを学習して自動生成することができ、再現性や効率性に優れています。

将来的には、これらを組み合わせることで相乗効果が生むことが重要なのです。

また、人間がクリエイティブに物語を構築し、感動を生み出す一方で、生成AIはその創造性をサポートし、例えば大量の映像素材から最適なシーンを自動的に抽出するなど、作業の手間を軽減します。

これにより、動画編集者はより短時間でより高品質なコンテンツを生み出すことができます。

このように、人間の創造性と生成AIの効率性を組み合わせた動画編集によって、将来、より多様で魅力的なコンテンツが生まれることが考えられるでしょう。

おすすめの動画編集スクール7社を比較!ランキング形式で紹介

おすすめNo.1
料金
298,000円~



月額目安
8,933円(税込)~



期間
最短3ヶ月



サポート体制
専属メンター
添削・質問回数無制限
案件獲得サポート


卒業後サポート
専属メンター
添削・質問回数無制限
ツールの無償提供
有/3ヶ月無償
編集ツール
料金
79,800円



月額目安
3,345円~



期間
無制限



サポート体制
オンラインサロン
チャットサポート
課題添削


卒業後サポート
確定申告マニュアル
フリーランス入門マニュアル
ツールの無償提供


料金
169,800円(税込)
224,800円(税込)
279,800円(税込)
334,800円(税込)
月額目安
14,900円(税込)~
19,800円(税込)~
24,700円(税込)~
29,500円(税込)~
期間
1か月
2か月
3か月
4か月
サポート体制
レビュー無制限
マンツーマン面談
チャットサポート
案件獲得サポート

卒業後サポート
副業サポート

ツールの無償提供
有/2ヶ月無償
編集ツール
料金
330,000円(税込)



月額目安
22,000円(税込)



期間
6か月



サポート体制
マンツーマンフィードバック
チャットサポート
案件獲得サポート


卒業後サポート
案件紹介
サポート期間延長(別途)
ツールの無償提供


料金
128,500円(税込)
298,000円(税込)


月額目安
11,500円(税込)
25,000円(税込)


期間
2か月
無制限


サポート体制
オンライン面談
チャットサポート
課題添削
コミュニティ
案件獲得サポート
卒業後サポート


ツールの無償提供


料金
55,000円(税込)
99,000円(税込)
220,000円(税込)

月額目安
4,584円~
8,250円~
13.750円~

期間




サポート体制
講師への質問
案件獲得サポート



卒業後サポート
実績作り
案件紹介
ツールの無償提供


料金
281,600円(税込)



月額目安
46,933円



期間
6か月



サポート体制
講師への質問
課題添削
案件獲得サポート


卒業後サポート
就転職サポート
求人サイト
ツールの無償提供
有/6ヶ月無償
音源データ

【リスキリング費用負担or割引あり】おすすめの動画編集スクール4選

ここからは、リスキリング費用負担または割引を実施しているおすすめの動画編集スクールについて紹介します。

動画編集スクールは、安いところで10万円以下、高いところともなると30万円以上の費用がかかるスクールもあります。

動画編集スクールは決して「安くない」スクールなので、リスキリング費用の負担や割引を上手く利用することで、費用が無駄になりませんし、せっかく受講するのであれば少しでもお得になる方が嬉しいところ。

スクールによっては、キャンペーンとして実施しているところもあるので、「どのような内容になっているのか」、「期限は過ぎていないか」なども確認しながら申し込みましょう。

ピックアップしたのは、以下の4つです。

それぞれの特徴やリスキリング費用負担または割引内容、口コミについて詳しく解説していきます。

営業のノウハウも学べる動画編集スクール「Chapter Two」

Chapter Twoは、クオリティの高い映像や営業技術を学んだうえで、成果を出すために特化したオンラインスクールです。

名刺作りや人脈開拓術、商談の進め方など案件獲得に繋がる営業のノウハウを教えてくれるので、「これまで営業を経験したことがない」という人も大丈夫。

自分で案件が獲得できるようになれば、動画編集者としての自信もつきます。

Chapter Twoの特徴&料金

Chapter Twoには、以下の特徴があります。

  • 提出→添削の流れでスキルがアップする
  • 卒業後も復習できる
  • 商談活動に同席してくれる

Chapter Twoでは、独学では難しいスキルを中心に学習します。

毎週1回のZOOMでのグループ授業の他、自分のペースで学習が進められる大量のビデオ講座も用意。

講座ごとに宿題があり、提出→添削を繰り返してくれるのでスキルがどんどんアップします。

卒業後もビデオ講座として永久に視聴可能。

動画編集者として働くようになっても忘れたことが復習できるため、とてもコスパが良いです。

初めての営業活動に不安を抱えている人には、プロの講師が3回まで同席してくれます。

一緒に営業活動をしてくれるので、とても心強く感じるでしょう。

Chapter Twoの料金は、税込398,000円

銀行振込またはクレジットカード払いが選択可能です。

Chapter Twoのリスキリング費用負担&割引内容

Chapter twoでは、「最大10万円入学割引」キャンペーンが実施されています。

対象となるのは「無料相談会に参加して申し込みを行うこと」です。

Chapter Twoでは、順次無料相談会が開催されています。

公式サイトにアクセスし、「無料カウンセリングを申し込む」をクリックすると予約フォームが表示されるので、自分の都合の良い日時を選択しましょう。

Chapter Twoの口コミ

Chapter Twoには、以下の口コミがありました。

  • とてもやりがいがあった
  • 高単価の案件が獲得できた
  • 卒業後も専用サロンでサポートしてもらえる

Chapter Twoでは、宿題や課題が出されますが、「とてもやりがいがあり、飽きずにやり切れた」という声が多くありました。

提出→添削を繰り返すことで、自分の弱点を克服でき、どんどんスキルがアップしていきます。

また、Chapter Twoは、高単価案件が豊富な動画クリエイターマッチングサービスの「むびる」や「ビデオワークス」と連携しています。

そのため、卒業後には2つのサービスから案件を獲得することが可能。

高単価案件は、プロレベルの人でないと獲得できない案件なので、卒業から獲得できるのはとても助かりますし、スキルアップのチャンスでもあります。

卒業後の専用サロンでのサポートも忘れてはいけません。

コミュニティへの参加が継続できることによって、「一人じゃない」「自分も頑張ろう」という気持ちになりますし、悩みを相談をすることもできます。

学びやすい&続けやすさ重視の動画編集スクール「デジハリ・オンラインスクール(動画クリエイターコース)」

デジハリ・オンラインスクール(動画クリエイターコース)は、1994年の創業以来培ってきた教育ノウハウを動画教材に凝縮し、これから学ぶ人の目線で「学びやすさ」や「続けやすさ」を追求したカリキュラムになっています。

現役クリエイターが講師を担当し、実用的な技術から最新のトレンドまで教えてくれます。

ニーズを知ることで「今どのような動画が人気を集めているのか」が分かるため、案件獲得の情報としても利用できます。

動画編集スクール:デジハリ・オンラインスクールの特徴&料金

デジハリ・オンラインスクールには、以下の特徴があります。

  • 身につくスキルが多い
  • 一人ひとりに合った指導をしてくれる
  • 就転職をバックアップしてくれる

デジハリ・オンラインスクールは、以下のように身につくスキルが多いです。

・案件を作るコツ・ネット動画業界の就転職のコツ・動画撮影の企画スキル・一眼/カメラの撮影技術・最新のネット動画のトレンドと作成のコツ・Photoshopとillustartorで素材の作り方・動画編集スキル・モーショングラフィックス・カラーグレーディング・動画のマーケティング手法とノウハウ
デジハリ・オンラインスクールで身につくスキル

学べるスキルが多いとその分仕事に活かせる技術も多くなるので、高単価の案件も獲得しやすくなります。

また、デジハリ・オンラインスクールでは現場を知り尽くしたプロのクリエイターが作成した課題を添削したり、質問に答えたりしてくれます。

一人ひとりに合った指導をしてくれるので、自分のペースで学習を進めることができたり、自分の弱点も知ることができます。

一人で学習をしていると自分の弱点を知ることは難しいため、プロに教えてもらうことで大変助かります。

卒業後の就転職サポートも忘れてはいません。

受講生が学んだことをしっかりと活かせるよう、フリーランスの案件紹介や個別相談など、あらゆるサポートをしてくれます。

デジハリ生限定の非公開求人も利用できるので、他にはない案件に出会うこともできます。

料金は、税込281,600円

受講期間は6ヶ月間です。

動画編集スクール:デジハリ・オンラインスクールのリスキリング費用負担&割引内容

デジハリ・オンラインスクールでは、受講料が最大70%がキャッシュバックされる制度が設けられています。

対象となる講座は「Webデザイナー」「動画クリエイター」「3DCG」の3つ。

キャッシュバックが受け取れる条件は、「対象講座を修了し、転職して1年継続できた人」です。

たとえ転職して1年継続できなかった人であっても、対象講座を修了するだけで50%のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックが受け取れる人数には限りがあるので、デジハリでの受講を考えている人は早めに申し込みをしましょう。

動画編集スクール:デジハリ・オンラインスクールの口コミ

デジハリ・オンラインスクールには、以下の口コミがありました。

  • 自分のペースで学習が進められた
  • 基礎からしっかりと学べた
  • 対応が丁寧だった

デジハリ・オンラインスクールは、視聴による「動画授業」と講師とコミュニケーションをしながら学習できる「ライブ授業」を行っています。

動画授業はいつでも視聴できるので自分のペースで学習したい人にはおすすめです。

カリキュラムは誰が見ても理解できる分かりやすい内容。

しっかりと基礎を学ぶことができるので、動画編集初心者の人も安心して受講できます。

また、講師の対応もとても丁寧で、明るく楽しい雰囲気を作ってくれるので、モチベーションが下がらず、気分よく学習可能です。

案件獲得のチャンスが増やせる動画編集スクール「Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)」

Wannabe Academy(ワナビーアカデミーは、動画編集はもちろん、マーケティングについても学ぶことができるスクールです。

動画編集者として活躍するためには、マーケティング力も必要不可欠。

マーケティングはクライアントの欲求を満たすために行われるものなので、マーケティングを学んでおけば、クライアントからの信頼も高くなります

クライアントから信頼されれば継続して依頼されることもあるので、まさに一石二鳥です。

「高単価案件獲得のためにマーケティングスキルもアップさせたい」と思う人には、Wannabe Academyおすすめです。

動画編集スクール:Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の特徴&料金

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)には、以下の特徴があります。

  • 実践カリキュラムによってスキルの習得ができる
  • 何度でも復習を繰り返すことができる
  • 副業案件の紹介システムがある

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)は、スキルゼロから学べる基礎的なカリキュラムに加え、広告動画制作や配信運用まで実践的なカリキュラムでスキルの習得を目指すことができます。

リアルタイムでのオンライン授業はもちろんですが、動画授業も行っているため、自分のペースで何度でも復習を繰り返しながらの学習が可能です。

また、卒業後には副業案件の紹介システムによってお仕事を紹介してもらえるため、「案件が獲得できるか不安」という人も安心して、学んだスキルを活かすことができます。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の料金は、税込330,000円です。

分割払いもできるので月々の負担を減らしたい人は、分割払いを選択しましょう。

動画編集スクール:Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)のリスキリング費用負担&割引内容

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)では、キャンペーンとして入学金が半額になります。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の入学金は税込66,000円なので、キャンペーンを利用することで、税込33,000円になります。

対象となるのは「個別相談会から1週間以内に入学すること」。

1週間を過ぎて入学してしまうとキャンペーンの対象とはならないので注意しましょう。

動画編集スクール:Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の口コミ

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)には、以下の口コミがありました。

  • 質問に対しても丁寧に説明してくれた
  • マーケティング視点も含めて理論的に理解できた
  • 企画力と作成スキルの両方を身につけることができた

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)では、チャットで24時間いつでも質問することができます。

どんな些細なことでも質問しやすい環境が整えられているので、気軽に質問してみましょう。

丁寧に回答してくれるので自分で調べるよりも分かりやすいです。

また、Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)は、マーケティングスキルを上げることにも力を入れているため、「マーケティングについてこれまで学んだことがなかった」という人もとても勉強になります。

動画編集のスキルだけでなく、企画力や営業力なども動画編集者として働くためには必要になるので、一緒に学べるとなるとコスパも良いと言えるでしょう。

自分の好きなスタイルで学習できる動画編集スクール「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミーは、「オンラインスタイル」「通学クラス担任スタイル」「ブレンドスタイル」と自分のライフスタイルに合わせた学習方法が選べるスクールです。

オンラインスタイルはネット環境があればいつでもどこでも学習できます。

通学クラス担任スタイルは、少人数制でプロからデザインのノウハウを直接学ぶことができます。

学びの内容によってスタイルを選択することができるので、モチベーションも下がらず、学習が継続しやすくなります。

動画編集スクール:ヒューマンアカデミーの特徴&料金

ヒューマンアカデミーには、以下の特徴があります。

  • 目的に合わせてコースが選べる
  • 働きながら無理なく続けられる
  • 講師に直接質問できる

ヒューマンアカデミーでは、3つのコースを用意し、自分の目的に合わせて選ぶことができるようになっています。

基礎を学んで業務に活かしたい人、就転職できるスキルを身につけたい人、ワンランク上のスキルを磨きたい人など、様々な目的に対応しているので、とても選びやすいです。

また、受講期間はコースによって6ヶ月or12ヶ月間と長いため、働きながら無理なく学習が続けられます。

直接講師に質問ができるため、学習を進めていくうえで分からないことが出てきても安心です。

ヒューマンアカデミーの料金は、以下の通りです。

プラン名料金(税込)
動画クリエイターコース240,900円
動画クリエイター総合コース424,600円
Web動画クリエイター総合コース922,900円
ヒューマンアカデミーの料金プラン

Web動画クリエイター総合コースでは、特別セット価格として通常922,900円が646,030円と276,870円も安くなっています。

期間限定となっている価格なので、Web動画クリエイター総合コースを選択する人は早めに申し込みをしましょう。

動画編集スクール:ヒューマンアカデミーのリスキリング費用負担&割引内容

ヒューマンアカデミーでは、「新春応援キャンペーン」として受講料が最大30%OFFになるキャンペーンと、対象の講座を受講することで受講費用の一部が支給される制度が設けられています。

新春応援キャンペーンの対象講座は「DXエンジニア」「Webデザイン」「動画クリエイター」の3つ。

別途、入学金や教材などがかかりますが、受講料が割引されるだけでもかなりお得です。

受講費用の一部が支給されるのは「教育訓練給付制度」によるもの。

教育訓練給付制度は、働く人の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的としている制度です。

動画編集スクールは、まさにキャリアアップを目指し、就職の促進に繋げることができる場所なので、利用できる場合はできるだけ利用した方がコスト削減にもなります。

動画編集スクール:ヒューマンアカデミーの口コミ

ヒューマンアカデミーには、以下の口コミがありました。

  • サポートがしっかりしている
  • 色々とアドバイスをしてくれるの助かる
  • 授業が分かりやすい

ヒューマンアカデミーは、未経験の人でも安心して学習できるよう講師への質問や受講スケジュールの管理、就職サポートや悩みに対してのサポートなど、様々な面でのサポートを徹底しています。

分からない部分をはじめ、就職などの相談にも乗ってくれるので、卒業後は問題なく動画編集者としての一歩を踏み出すことができるでしょう。

授業の内容も分かりやすいので学習も進めやすいです。

【案件獲得のサポート&保証あり!】おすすめの動画編集スクール3選

ここからは、案件獲得サポート&保証のあるおすすめの動画編集スクールを紹介していきます。

ピックアップしたのは、以下3つのスクールです。

それぞれの特徴・プラン・案件獲得保証内容について詳しく解説していきます。

動画編集スクール「Chapter Two」は案件紹介サービスとも連携

Chapter Twoは、高単価案件獲得に特化したカリキュラムとサポートが充実しているオンラインスクールです。

Chapter Twoには以下のような特徴があります。

  • 高単価案件獲得に特化したカリキュラムとサポートが充実
  • 未経験からでも3ヶ月で「稼げる」動画クリエイターを目指せる
  • 動画編集者向け案件紹介サービスと連携しているため、スクール卒業者には優先して案件を紹介してもらえる

動画編集スクールChapter Twoのプラン

Chapter Twoの料金は、298,000円(税込)~です。

動画編集の相場は10~20万といわれていますが、高単価案件獲得に特化したスクールでは、50万近くの費用がところも多いため、それらのスクールと比較すれば、安く受講できます。

また、分割払いを選択すれば、月額8,933円(税込)~受講可能なので、費用の心配も少なくて済みます。

動画編集スクールChapter Twoの案件獲得保証内容

Chapter Twoは、動画クリエイターマッチングサービス「むびる」「ビデオワークス」と連携しているため、卒業後は優先して案件を紹介してもらえます。

「スキルを磨いたものの、どうやって案件を獲得すればいいか分からない」という人も、案件を紹介してもらえるサービスがあれば、安心して動画クリエイターとして仕事を開始できます。

案件獲得までのサポートもついているので、スキルさえ身に付けることができれば、あとは動画編集者として活躍するだけ。

「動画編集のスキルを高めたい」「フリーランスとして活躍したい」と思っている人は、ぜひChapter Twoで学習してみてはいかがでしょうか。

超実践的に学ぶことができる動画編集スクール「MOOCRES(ムークリ)」

MOOCRES(ムークリ)は、「動画クリエイターへの最短ルート」をコンセプトとし、4ヶ月間で未経験からプロの動画クリエイターを目指すことができる超実践的なスクールです。

運営を手掛けているのは、大手プログラミングスクール「テックアカデミー」を運営する博報堂DYグループ一員のキラメックス社。

MOOCRES(ムークリ)の一番の強みは、After Effectsをプロレベルまで習得できること、です。

プロの講師が親身に指導してくれます。

また、受講中から案件に挑戦できたり、卒業後も半永久的にサポートしてくれたりなど、サービスも充実しています。

MOOCRES(ムークリ)の特徴

以下、MOOCRES(ムークリ)の主な特徴です。

  • After Effectsを中心に学習できる
  • 営業力や企画、構成力も身につく
  • 受講中に案件獲得~納品終了まで体験できる

MOOCRES(ムークリ)では、独学では難しい「After Effects」を中心に学習することができます。

また、営業力や企画など自分で案件を獲得するために必要な力も身に付けることができるため、独立やフリーランスとして活躍したい人にはおすすめ。

受講中から実践的な体験ができるのも大きな特徴です。

MOOCRES(ムークリ)のプラン

MOOCRES(ムークリ)には、3つのプランが用意されています。

分かりやすいように表にしました。

プランクラスプランマンツーマンプランゼロイチプラン
内容副業やフリーランスに必要なスキルを少人数で学習できる副業やフリーランスに必要なスキルを講師とマンツーマンで学習できる編集技術のみ学習できる
受講料(税込)374,000円※分割払い(24回払いの場合):15,584円594,000円※分割払い(24回払いの場合):24,750円297,000円※分割払い(24回払いの場合):12,375円
クラス人数最大6名1名(マンツーマン)2~6名
卒業制作案件orオリジナル作品を選択案件orオリジナル作品を選択なし
場所通学orオンライン完全オンライン完全オンライン
授業曜日週末or平日自由時間で実施※講師と調整して毎週固定の曜日時間に実施週末or平日
期間4ヶ月4ヶ月3ヶ月
得られるスキルなど・Adobe After Effects・Adobe Premiere Pro・Adobe Photoshop・デザイン基礎・デザイン応用・動画広告・マーケティング・案件獲得・案件を納品する経験・オリジナル作品制作・プロの動画クリエイターの視座・動画クリエイター仲間・講師との人脈・Adobe After Effects・Adobe Premiere Pro・Adobe Photoshop・デザイン基礎・デザイン応用・動画広告・マーケティング・案件獲得・案件を納品する経験・オリジナル作品制作・プロの動画クリエイターの視座・講師との人脈・Adobe After Effects・Adobe Premiere Pro・Adobe Photoshop・デザイン基礎
MOOCRES(ムークリ)の3つのプラン

プランを選択する際は、自分がどの程度の知識・スキルを身につけたいかを考えて選ぶようにしましょう。

MOOCRES(ムークリ)の案件獲得保証内容

MOOCRES(ムークリ)は、卒業後も無料の追加カリキュラムや提供企業などの案件紹介もしてくれます。

チャットでは、半永久的に質問できるなど卒業後のサポート体制も抜群。

「卒業して分からないことが出てきたらどうしよう」と不安を抱いている人も、卒業後の支えがあることで、自信を持って案件をこなすことができるでしょう。

忙しいママのために誕生した動画編集スクール「Famm(ファム)」

Famm(ファム)は、動画編集で在宅ワークを叶えるママ専用スクールです。

これまでの卒業生は2,000名以上。

ママに人気のWebデザイナー講座から、動画クリエイター講座を2020年8月からスタートさせました。

一度学んだことを忘れてしまった場合や分からないことがあった場合など、何度でも質問することができます。

Famm(ファム)の特徴

以下、Famm(ファム)の主な特徴です。

  • 自宅で学ぶことができる
  • 未経験でもOK
  • カリキュラムは1か月で完結できる
  • 満足度は95%以上

Famm(ファム)のカリキュラムは1ヶ月で完結します。

「たった1ヶ月で動画編集の基礎が身につくの?」と思う人もいるかもしれませんが、Famm(ファム)であれば大丈夫。

1回あたり3時間の短期集中で、未経験であっても実践でも通用するレベルまでもって行ってくれます。

また、自宅で学ぶことができるため時間を選びません。

シッターサービスも無料で受けられるので小さな子供がいても、安心して学習に励むことができます。

Famm(ファム)のプラン

Famm(ファム)のコースプランは、184,800円(税込)のみです。

動画編集スクールの相場は10~20万円と言われているので、比較すると相場と変わらないことが分かります。

また、Famm(ファム)は「在宅で10万円以上を稼ぐこと」に特化しているスクールなので、卒業後は比較的短期間で元を取ることが可能です。

Famm(ファム)の案件獲得保証内容

Famm(ファム)では、卒業後の案件を5件まで保証してもらえます。

目に見える実績と経験が積み上がることで、次の仕事に繋げている人も多数。

単発ではない長期案件の紹介も増えているので、安定した収入を得ることも可能になります。

また、案件獲得だけでなく卒業後は、Webデザイン中級をはじめ、Webマーケティング、動画制作など100スキル以上の応用講座を無償で受講することができます。

卒業後6ヶ月間は講師への質問が無制限でできるので、動画編集以外にも興味をもったものがあれば受講してみましょう。

【10万円以下】おすすめの動画編集スクール3選

ここからは、10万円以下で受講できるおすすめの動画編集スクールを3つご紹介します。

ピックアップしたのは、以下3つのスクールです。

それぞれの特徴やプラン、向いている人について詳しく解説していきます。

ぜひ動画編集スクール選びの参考にしてみてください。

YouTubeに特化している動画編集スクール「MovieHacks(ムービーハックス)」

MovieHacks(ムービーハックス)は、経験豊富な動画編集者が指導するYouTubeに特化した動画編集スクールです。

これまでの受講数は8,000人以上。

本スクールの受講開始後、2~3週間で案件を獲得した人も少なくありません。

動画市場全体が成長をしている今こそ、動画編集は学ぶべき講座です。

MovieHacks(ムービーハックス)のプラン

MovieHacks(ムービーハックス)は、「94本の動画」と「無制限質問サポート」がついて、69,800円(税込)で受講できます。

受講期間は無制限。

学習形式は、完全オンラインです。

料金が安いため分割払いの用意はされていませんが、「一括払いだと難しい」といえる金額でもありません。

69,800円で動画編集のスキルを学ぶことができると考えれば、とてもお得に感じるでしょう。

MovieHacks(ムービーハックス)に向いている人

MovieHacks(ムービーハックス)が向いている人は、以下のような方々です。

  • YouTuberを目指している人
  • 動画編集者として生計を立てたい人
  • 動画スキルを学びたい人

MovieHacks(ムービーハックス)は、YouTubeに特化していることから、YouTuberを目指す人にとっては、これ以上にないスクールです。

基本的な操作方法だけでなく、ターゲットに合わせた編集のやり方を教えてくれるので、動画を作るのが楽しくなるとともに、動画の編集幅も広げられます。

また、実績を積んでスキルをどんどんアップさせていけば、動画編集者として安定した収入を得ることも可能です。

動画編集は、実績とスキルがものをいう世界です。

実績とスキルがあれば、たとえ初心者であっても案件の獲得ができます。

ただ単に、動画スキルを学びたい人にも、MovieHacks(ムービーハックス)はおすすめ。

MovieHacks(ムービーハックス)では、YouTubeの知識以外にも、動画編集の基礎を一から学べます

分かりやすい動画教材を用意しているので、就転職に関係なく、趣味として学ぶのもストレスがかからず良いかもしれません。

メディアに取り上げられるほどの人気がある動画編集スクール「studio US」

studio USは「一生涯のスキルが自由な働き方を実現する」をコンセプトとしている動画制作オンラインスクールです。

レッスンの楽しさ・レッスンの満足度・講師の質に満足では、ともに90%以上の人が「満足」と回答。

上達実感度に至っては「100%の満足度」と評価されています。

また、studio USは様々なメディアにも紹介されている人気のスクールです。

studio USのプラン

studio USには、以下3つのプランが用意されています。

プラン料金(税込)分割料金学べるスキル
動画編集コース55,000円4,584円~/月Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、映像編集
動画クリエイターコース99,000円8,250円~/月Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Cinema 4D、ディレクション、映像編集、セールス
動画クリエイター総合コース165,000円13,750円~/月Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Photoshop、Adobe illustrator、Cinema 4D、ディレクション、映像編集、画像加工、リテラシー、セールス
studio USの3つのプラン

動画クリエイター総合コースは、通常220,000円(税込)ですが、期間限定で165,000円まで値下がりしています。

学べるスキルが一番多いので、スキルアップにつなげたい人は検討してみるのも良いでしょう。

studio USに向いている人

studio USが向いている人は、以下のような方々です。

  • 未経験から動画制作のスキルを身につけたい人
  • フリーランスとして動画制作の仕事をしたい人
  • 動画編集で副収入を得たい人
  • キャリアアップしたい人

studio USは、経験ゼロの人でも動画編集のスキルがアップできるカリキュラムを組んでいるので、「未経験でも大丈夫?」と思っている人も安心して学べます。

また、studio USは動画制作の基礎を一から教えてくれるスクールなので、フリーランスとして動画制作の仕事をしたい人や、動画編集で少しでも収入を上げたいと思う人にもおすすめ。

もちろん、キャリアアップのために、動画編集をマスターするのもありです。

動画需要はどんどん増えてきています。

2025年には1兆円を超える市場予想も出ていますので、諦めずに学習を頑張りましょう。

副業や独立までもサポートする動画編集スクール「クリエイターズジャパン」

クリエイターズジャパンは、最短2週間で動画編集をマスターできるオンラインスクールです。

本業のみならず、副業としてもプロとして稼げるスキルを習得することが可能。

卒業生の中には、育児をしながらのママでも在宅で16万円稼いでいる人や、フリーランスとして30万円以上稼いでいる人もいます。

手厚くサポートしてくれるので、未経験の人も不安なく安心して受講することができます。

クリエイターズジャパンのプラン

クリエイターズジャパンには、以下2つのプランが用意されています。

プラン料金(税込)
ベーシックプラン79,800円
マスタープラン149,600円
クリエイターズジャパンの2つのプラン

ベーシックプランは、動画編集の基礎スキルと案件獲得法までを学ぶことができるプランです。

マスタープランは、高単価な案件獲得に必要なスキルが身につくプランです。

クリエイターズジャパンに向いている人

クリエイターズジャパンは、以下のような方々に向いています。

  • 動画編集を本気で学びたい人
  • フリーランスとして仕事をしたい人
  • 副業で収入の柱を作りたい人

クリエイターズジャパンは、動画編集の基本的なスキルから、高単価案件の獲得につながるまでのスキルを学ぶことができるスクールなので、本気で動画編集を学びたい人にはおすすめです。

また、独立のサポートもしてくれるので、フリーランスとして仕事をしたい人にとってはとても心強く感じるでしょう。

卒業生の中には、副業で稼いでいる人もたくさんいるので、「副業にチャレンジしてみたい」「副業で収入の柱を作りたい」という人にもおすすめです。

【返金保証制度あり!】おすすめの動画編集スクール3選

それではここから、返金保証制度が設けられているおすすめの動画編集スクールを紹介します。

ピックアップしたのは、以下3つのスクールです。

それぞれの特徴やプラン、返金保証制度内容などについて詳しく解説していきます。

高単価案件獲得に特化したカリキュラムとサポートが充実の動画編集スクール「Chapter Two」

Chapter Twoは、高単価案件獲得に特化したカリキュラムとサポートが充実しているオンラインスクールです。

学習の頻度は週1回の2時間。

3ヶ月間の実施によって、PremiereProとAfterEffectsを実践レベルで学ぶことができます。

また、プロによる添削や営業スキルの学習もサポートしてくれるので、フリーランスを目指す人や、動画編集者として働きたい人にはおすすめ。

成績が優秀な人には、スクール在籍中であっても案件を紹介してもらえます。

動画編集スクールChapter Twoのプラン

Chapter Twoの料金は、298,000円(税込)~です。

動画編集の相場は10~20万といわれていますが、高単価案件獲得に特化したスクールでは、50万近くの費用がところも多いため、それらのスクールと比較すれば、安く受講できます。

また、分割払いを選択すれば、月額8,933円(税込)~受講可能なので、費用の心配も少なくて済みます。

動画編集スクールChapter Twoの返金保証内容

Chapter Twoでは、「案件未獲得」または「案件紹介がない」場合は、授業料を全額返金してくれます。

全額返金の保証があることで安心して学習できます。

初心者の人も気軽に始めやすい動画編集スクール「DMM WEBCAMP」

DMM WEBCAMPは、「未経験から動画編集を副業に」をコンセプトとしている動画編集スクールです。

受講期間は最短で4週間。

現役エンジニアによるマンツーマンの学習サポートと、確実に上達できる独自のメソッドによって、即戦力のスキルを身につけることができます。

また、プログラミングやWebデザイン、動画編集、AI・データサイエンスに特化したコースなども用意されているので、動画編集としての幅も広げることが可能。

自分が目指したいと思う職種に合わせて選んでみましょう。

動画編集スクールDMM WEBCAMPのプラン

DMM WEBCAMPのプランは、169,800円(税込)~です。

公式サイトでは、詳しい金額が表示されていないので、詳細は無料相談で確認しておきましょう。

因みに、DMM WEBCAMPでは分割払いも用意されているので、「金額が高くて一括で支払うのは難しい」という人も、費用の負担を減らしながら安心して受講することができます。

動画編集スクールDMM WEBCAMPの返金保証内容

DMM WEBCAMPでは、受講開始日から8日以内であれば無条件で全額返金してもらえます。

もし、全額返金保証期間を過ぎてスクールを辞めたいと思ったとしても、未利用期間分は全額返金保証してもらえます。

例えば、「受講を開始したものの、引っ越しによってしばらくネット環境を整えられない」「やりたいことが別に見つかった」など、途中で受講できなくなった場合などは、未利用期間分としてお金が戻ってくるため、お金を無駄にせずに済みます。

返金保証期間が過ぎても対応してもらえるのは、受講者側からするととてもありがたいサービスと言えるでしょう。

マーケティングも同時に学べる動画編集スクール「Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)」

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)は、稼げる動画編集者になるために「動画編集×マーケティング」をモットーとしている動画クリエイターの育成スクールです。

現役プロの指導のもと、動画編集の知識やスキルだけでなく、マーケティングの基礎も学ぶことができます。

スクールで学習したことを活かすためには、受注をする必要があります。

受注するためには、営業力などのマーケティングスキルも必要になってくるので、同じスクールで2つのことを同時に学べるとなると一石二鳥。

動画編集者としての活躍の場を広げることにもつなげられるでしょう。

チャットで質問もできるので、困ったときは相談してみましょう。

動画編集スクールWannabe Academy(ワナビーアカデミー)のプラン

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)のプランは「動画制作+広告コース」のみです。

受講期間は6ヶ月間で、料金は入会金と授業料を併せた330,000円(税込)

分割払いも用意されているので、「一括で支払えない」という人は、分割払いの選択をおすすめします。

動画編集スクールWannabe Academy(ワナビーアカデミー)の返金保証内容

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)では、授業料の返金保証を設けています。

対象となるのは、以下いずれかの場合です。

  • 申し込みから8日以内
  • 初回授業の翌日までの申請

返金保証されるのは、あくまでも「授業料のみ」。

そのため、入学金66,000円(税込)は含まれておらず、授業料264,000円(税込)のみ戻ってくることになります。

【ポートフォリオ作成のサポートあり!】おすすめの動画編集スクール3選

ここからは、ポートフォリオ作成のサポートを行ってくれるおすすめの動画編集スクールを紹介します。

ピックアップしたのは、以下3つのスクールです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

多数のメディア紹介で人気を集めている動画編集スクール「デジハク」

デジハクは、実践型の学習カリキュラムと、採用通過率5%以下の講師がマンツーマンで徹底サポートしてくれるオンラインスクールです。

社会人におすすめのスクールとして200以上のメディアで紹介されています。

当スクールを受講し、未経験から動画を仕事としている人は約1,800名。

人気もあり、PS初心者であっても学びやすい環境が整えられています。

デジハクの特徴

デジハクには、以下の特徴があります。

  • 効率よく学習できる
  • マンツーマンだから挫折しない
  • 副業相談もサポート

デジハクでは、Premiere ProとAfter Effectsをメインに学習していきます。

受講生専用の学習システムでは、基礎から分かりやすく体系化されているので、未経験の人も安心して学習を進めていくことが可能。

マンツーマン指導なので挫折することもなく、スキルを上げることができます。

もし分からないことが出てきた場合は、チャット質問サポートによって常勤講師がすぐに対応してくれるので助かります。

初めての副業で不安になる人も多いことから、副業の相談もサポート。

「どうやって案件を獲得すればいいのか」「フリーランスになるにはどうすればよいのか」などに対しても細かくアドバイスしてくれるので、「将来的にフリーランスとして働きたい」「案件を獲得して自分の力を試してみたい」と思う人は、デジハクがおすすめです。

以下、デジハクの料金プランです。

プラン名料金(税込)
デジハクコースREG148,000円
デジハクコースPRO248,000円
デジハクの料金プラン

「デジハクコースREG」は受講期間が90日間、「デジハクコースPRO」の受講期間は180日間です。

それぞれ分割払いも可能なので「一括で支払うのは難しい」という人は、分割払いを選択してみましょう。

デジハクの口コミ・評判

デジハクには、以下のような口コミがありました。

  • やった分だけ報われるスキルだと実感できた
  • いつも褒めて励ましてもらえた
  • 実践的な内容が学べた
  • 講師のサポートによって自信を持って納品できた

デジハクでは、褒めたり、励ましたりなど受講生が挫折しないよう心までサポートしてくれます。

励まされると「一人じゃない」と思えるとともに、「頑張ろう」という気持ちにもなります。

カリキュラムには営業方法や商談の進め方も含まれているので実践的に学ぶこともできます。

講師のサポートも手厚いため、自信を持って納品することも可能。

「やった分だけ報われるスキルだと感じた」部分においても、自分の努力が報われた気がして、たくさんの人が喜びを感じています。

デジハクのポートフォリオサポート内容

デジハクでは「ポートフォリオ講座」を設け、講師からの添削&フィードバックを受けながら自分専用のポートフォリオサイトを作成します。

基礎を学習した後は、講座を通して様々なジャンルの動画作品を作成します。

作品一つ一つが自身のスキルを証明する制作実績となるので、よりよいポートフォリオを作成するためにも頑張ってみましょう。

常に新しい情報が身につく動画編集スクール「studio US」

studio USは、初心者向けの基礎的な部分から、中級者以上向けの実践的なトレーニングや案件獲得方法まで動画編集者になるために必要な動画教材が900本以上揃えられているオンラインスクールです。

デザインについても学ぶことができるので、動画編集者としての幅を広げることも可能。

動画教材は毎月新しいものがアップされるため、常に最新の情報で学習できます。

studio USの特徴

studio USには、以下の特徴があります。

  • たくさんの動画制作が体験できる
  • 3つのコースを用意
  • 卒業後すぐに案件にチャレンジできる

studio USでは、「動画編集コース」「動画クリエイターコース」「動画クリエイター総合コース」の3つが用意されています。

コースによって学べることは異なりますが、「動画編集コース」であっても、Premiere ProとAfter Effectsの基礎を学びYouTubeなどの動画編集ができるまでスキルをアップさせることは可能です。

また、受講中の動画制作本数が4~8本が一般的な中、studio USでは最低でも15本の動画を制作します。

最大で50本制作できるので、動画編集者としての基礎をしっかりと固めることができ、案件獲得後も安心して仕事をこなすことができるでしょう。

卒業後はすぐに案件にチャレンジできる体制も整えられているので、動画編集者としての一歩も踏み出しやすいです。

「高単価案件を目指したい」「仕事に活かせる実践力を身につけたい」と考えている人は、studio USがおすすめです。

以下、studio USの料金プランです。

プラン名料金(税込)
動画編集コース55,000円
動画クリエイターコース99,000円
動画クリエイター総合コース165,000円
studio USの料金プラン

「動画クリエイターコース」では、継続会費月13,200円(税込)、「動画クリエイター総合コース」では、継続会費月16,500円(税込)をそれぞれ支払うことによって、スキルを習得するまで継続学習が可能です。

studio USの口コミ・評判

studio USには、以下のような口コミがありました。

  • やってみたらすごく面白かった
  • 勉強するたびにできることが増えて嬉しい
  • すごく勉強になった
  • 色々と質問できて助かった

studio USでは、実践力を身につけるために、他スクールよりもはるかに多い数の動画を制作します。

たくさんの動画を作成することで、仕事の幅を広げ、優秀な動画編集者として活躍することも可能。

作る過程も「楽しい」と多くの声が上がっています。

また、ソフトの使い方や操作方法など一からしっかりと学習できるので、すごく勉強になったという人もいます。

分からないことがあれば質問してすぐに解決できるため、学習の流れを止めることなく先へ進めます。

studio USのポートフォリオサポート内容

studio USでは、受講中に作成した動画を活かして簡単に質の高いポートフォリオを作成することができます。

ポートフォリオ作成には1~2ヶ月ほどかかるのが通常ですが、studio USであればたった1日で作成可能。

早く案件を獲得して仕事をしたいという人には、時短になります。

講師&カウンセラーのサポートで頑張れる動画編集スクール「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミーは、自分に合う仕事を見つけ、目指す未来を確実に実現していくために、入学前から就職後まで専任のカウンセラーとプロの講師がサポートしてくれるスクールです。

一緒に学習・就職プランを立ててくれたり、就転職するための求人紹介や履歴書添削、面接対策なども相談に乗ってくれたりするので、とても心強いです。

ヒューマンアカデミーの特徴

ヒューマンアカデミーには、以下の特徴があります。

  • 学習スタイルが選べる
  • 自分の好きなコースで学習できる
  • 働きながら無理なく続けられる

ヒューマンアカデミーは、全国23校舎もあるため、オンラインだけでなく通学して学ぶこともできます。

コースの種類は3種類。

好きなコースを選ぶことができるため、自分の目指したいスキルに合わせて選んでみましょう。

また、受講期間も長いので、働きながらでも無理なく学習を続けることができます。

以下、ヒューマンアカデミーの料金プランです。

プラン名料金(税込)
動画クリエイターコース240,900円
動画クリエイター総合コース424,600円
Web動画クリエイター総合コース922,900円
ヒューマンアカデミーの料金プラン

「動画クリエイターコース」と「動画クリエイター総合コース」の受講期間は6ヶ月間です。

「Web動画クリエイター総合コース」は12ヶ月間の受講期間が設けられているので、じっくりと学ぶことができます。

また、「Web動画クリエイター総合コース」は、教育訓練給付金制度の対象となっており、上限を10万円とした受講料の20%が支給されます。

ヒューマンアカデミーでは、分割払いの支払いも可能です。

分割払いにすることで月々の負担を減らすことができるため、一括払いが難しい人は積極的に利用してみましょう。

お金のことを気にするあまり、受講を諦めてしまうのはもったいないです。

ヒューマンアカデミーの口コミ・評判

ヒューマンアカデミーには、以下のような口コミがありました。

  • 講座内容が丁寧で分かりやすかった
  • 最後まで続けることができた
  • 基礎をしっかり勉強できた

ヒューマンアカデミーは、未経験者の人でも安心して動画編集のスキルが磨けるよう、講座内容を分かりやすくまとめています。

分からないことはチャットで質問できるので、「最後まで諦めずに学習を続けることができた」という人も多いです。

基礎をしっかりと学ぶことができるという点も、ヒューマンアカデミーの強み。

ソフトの技術的なスキルだけでなく、コツを掴むこともできるので、学んだことを活かしやすくもなります。

「難しい内容は苦手」「基礎からしっかりと勉強したい」という人は、ヒューマンアカデミーがおすすめです。

ヒューマンアカデミーのポートフォリオサポート内容

ヒューマンアカデミーでは、就転職やコンペで有利となるポートフォリオ制作もサポートしてくれます。

学んだことをポートフォリオにアウトプットできるので、自分だけのポートフォリオ作成が可能。

働きながら実践スキルを学んだ卒業生のポートフォリオが公式サイトで公開されているので、どのようなポートフォリオに仕上がっているのか、ぜひチェックしてみてください。

実際に見ることで、動画編集のイメージも掴みやすくなるでしょう。

動画編集スクールのメリットとデメリット

動画編集スキルを高める方法の一つに、動画編集スクールで学ぶという方法があります。

しかし、動画編集スクールで学ぶためには、それなりの費用がかかります。

そこで、動画編集スクールで学びたいという方のため、メリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

【メリット】副業やフリーランスで稼げる

1つ目のメリットは、副業やフリーランスで稼げることです。

動画編集スクールで習得したスキルを生かして、副業やフリーランスの案件を獲得できるようになります。

これにより、収入アップや将来のキャリアの幅を広げることができます。

【メリット】就職・転職活動で強みになる

2つ目のメリットは、就職や転職活動で強みになることです。

動画編集スキルは、企業やメディア制作関連の職種で非常に重宝されており、求人市場で他の求職者よりも優位に立つことができるでしょう。

メディア制作関連の職種に限らず、マーケティングや採用活動でも動画編集スキルは役立ちます。

動画編集スキルを持っているだけで、幅広い業界や職種で就職や転職活動に取り組むことができるでしょう。

【メリット】クリエイティブな仕事でやりがいがある

3つ目のメリットは、クリエイティブな仕事のやりがいという点が挙げられます。

もちろん、どのような仕事にもやりがいはあるでしょう。

一方で、クリエイティブな仕事にしか味わえないやりがいがあります。

それは、自身のアイデアを作品として世の中に表現できることです。

自らのアイディアを動画という形にし、ユーザーの満足度や売上に貢献できるのは、クリエイティブな仕事でやりがいといえるでしょう。

【デメリット】スキル習得と稼げるまでに時間がかかる

一方で、デメリットとして挙げられるのは、スキル習得と稼げるようになるまでに時間がかかることです。

動画編集は高い技術と創造力が求められるため、未経験からプロのレベルに到達するまでには時間と努力が必要になります。

初めは学びの過程が多いため、動画編集スキルを向上させるためにはコツコツと練習を積むことが大切です。

一方で成長スピードは個人差がありますので、人によってはすぐにクオリティの高い動画編集スキルを身に付けられる場合もあります。

動画編集スキルを身に付けられれば、将来的にはクオリティの高い動画編集が可能になり、それが収入に結びつくでしょう。

動画編集スクールの選び方

動画編集スキルを身に付けたい目的やどのようなことを学びたいかなどによって、自分に合った動画編集スクールは異なります。

そこで、動画編集スクールの選び方のポイントを3つお伝えします。

就職・転職のサポートを受けられる

動画編集スキルをに身に付けて就職・転職を検討している場合は、就職・転職のサポートを受けられる動画編集スクールを選びましょう。

就職・転職のサポートを受けられる動画編集スクールは、卒業生のキャリア支援に力を入れています。

動画編集スキルが役立つ業界との繋がりや求人情報の提供、履歴書やポートフォリオの作成支援などを通して、受講生がスムーズに職場に就けるようサポートしてくれます。

未経験者向けの基礎から学べるカリキュラム

動画編集が未経験の方は、基礎から学べるカリキュラムがあるかどうかを確認しましょう。

目的やスキルに応じて、いくつかにカリキュラムに分けられているケースがあります。

未経験にとっては、動画編集の基本からしっかりと学べるプログラムがあることが重要です。

加えて、カリキュラムの学習ペースについていけるかどうかも大切な判断軸になります。

動画編集スクールでは、講義だけではなく、講義以外で課題に取り組まなければならないケースも多いです。

本業が忙しく、課題に取り組むことができなければ、十分な動画編集スキルを身につけることはできません。

カリキュラムの内容を確認したうえで、学習時間の確保と自分にあったペースで学習を進めることができるか確認しましょう。

実績や経験豊富なクリエイター講師

動画編集スクールには、様々なクリエイター講師が在籍しているケースが多いです。

そのため、どのような講師から講義をしてもらえるかで学べることも変わってくるでしょう。

業界で実績を上げた経験を豊富に持つプロフェッショナルな講師に講義してもらえると、実践的なノウハウや業界の最新トレンドを学ぶことができます。

クリエイター講師のリアルな経験談やアドバイスは受講生にとって非常に価値があり、将来のキャリア形成に役立つでしょう。

動画編集スクール卒業後のキャリア事例

動画編集スクールを卒業した受講生たちは、様々な分野で活躍しています。

身に付けた動画編集スキルでどのようなキャリアに進んでいるのでしょうか。

ここからは、動画編集スクール卒業後に活躍できる3つのキャリア事例を解説していきます。

副業・フリーランス

動画編集スキルを身につけることで、副業・フリーランスとして活躍できます。

自らの動画編集スキルを生かしてクライアントから案件をもらい、企業のプロモーションやイベント映像、YouTubeコンテンツなどを制作しています。

まだまだ動画編集スキルを持つ人材を求めている企業は多いため、自らのスケジュールで仕事を受けられる副業やフリーランスは人気のキャリアです。

インフルエンサー(動画編集クリエイター)

インフルエンサーとして、個人で活動するキャリアの卒業生もいます。

自身のYouTubeチャンネルやSNSアカウントで動画を発信し、企業からの案件動画や広告費で収入を得ています。

最近では、YouTuberとティックトッカーも職業として認知されています。

インフルエンサー自身の個性や動画編集技術を活かし、有名人になれる可能性もあるでしょう。

広告制作会社

就職や転職が目的で動画編集スクールを受講した場合、広告制作会社で働く卒業生が多いでしょう。

動画編集スキルを持つ人材は、広告制作やマーケティング分野での活躍が期待できるため、企業のプロモーション動画や広告動画の制作に携わっています。

デジタルメディアがますます重要視される現代において、広告制作会社でのキャリアは非常に魅力的なキャリアです。

FAQ

最後に、動画編集スキルを身に付けたい方からよくある質問に回答していきます。

しかし、動画編集スクールごとに回答が異なる場合があるため注意が必要です。

自分が学びたいと思った動画編集スクールがあれば、しっかりと担当の方に確認しましょう。

Q1.通う前に必要なスキルや知識はありますか?

A.基本的なPCスキルがあれば問題ありません。必須ではありませんが、動画編集に関する専門用語やソフトウェア(ツール)に使い方を覚えていれば、スムーズに学習を始めることができるでしょう。

Q2.カリキュラムにはどのような内容が含まれますか?

A2.例えば、ソフトウェアの使い方や基本的な動画編集技法、音声や効果音のオーディオの編集技術などが含まれます。同じスクールでも経験の有無や目的ごとにカリキュラムが異なるため、自分に合ったカリキュラムを選びましょう。

Q3.費用や期間はどれくらいかかりますか?

A3.動画編集スクールの費用は、学習期間によっても大きく異なります。一般的には約20〜40万円が相場になります。内訳としては「入学金」「受講料」「教材費」などが挙げられます。

また、期間は約2~3ヵ月の場合が多いです。

短期集中型や基礎から実践的な内容まで学ぶのかで変わるでしょう。

Q4.通学が必要ですか?オンラインで学ぶことはできますか?

A4.最近は、オンライン型の学習も増えてきました。通学に時間がかかる場合やオンライン環境に慣れている人にはおすすめです。

ただし「オンラインでの環境に慣れていない」「オフラインの方が学習に集中できる」という場合は、通学での学習を選びましょう。

Q5.実際のプロジェクトに携わることはできますか?

A5.実際のプロジェクトに参加できる機会を提供しているスクールもあります。ただし、プロジェクトには高いスキルが求められる場合があるため、選抜形式で参加できる機会を得られる可能性もあります。実際のプロジェクトは、スキルを高めるうえで非常に良い経験になるため、もし機会があれば積極的に参加しましょう。

まとめ

動画編集スクールを選ぶ際には、そのスクールの特徴やメリットを理解してうえで、動画編集スキルを身に付けたい目的を達成できることが大切です。

これまでお伝えしたおすすめの動画編集スクールの特徴やメリットを比較し、自分に合った動画編集スクールを選びましょう。

ABOUT ME
株式会社アートブレインズ
株式会社アートブレインズ
YouTube動画で販売促進を!アートブレインズはカケアイを大切に企業チャンネルの運用をご支援いたします。公式LINEで企業チャンネルにおける運用ポイントを配布中。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました